相続したときの預金の仮払いの制度を解説します

司法書士の田渕です。

令和1年7月1日から、遺産の中に預貯金がある場合、遺産分割が終わる前でも、一定の限度額内で預貯金を引き出せるようになりました。

この制度を、預貯金の仮払い制度といいます。

この記事では、この預貯金の仮払い制度について詳しく解説します。

 

相続したときの預金の仮払いの制度を解説します

これまでは、生活費や葬儀費用の支払いなどで、資金が必要なときでも、基本的には遺産分割が終了するまでは、亡くなった方の預金は引き出せませんでした。

  

遺産分割がすぐに整えばいいのですが、遺産分割が長引けば、それまで一切預金を引き出せないとすると非常に不便です。

そこで、一定の割合の金額に限り、預金を引き出せるようになりました。

 

いくら引き出せるの?

引き出せる限度額は次の通り。

  1. 預貯金の額 × 1/3 × 払い戻しをする相続人の法定相続分

ただし上限は150万円です。

  

たとえば、夫が300万円の預金を遺して亡くなり、妻と長男が相続人となった場合は次の通りになります。

  1. 300万 × 1/3 × 1/2 = 50万円

相続人が妻と長男なので、相続分はそれぞれ2分の1ずつです。

なので、妻と長男は、それぞれ50万円ずつ、単独で払い戻しができます。

夫が遺した預金が1200万円の場合は、計算すると200万円になりますが、上限は150万円なので、150万円しか引き出せません。

預金

 

複数の預金がある場合

亡くなった方が、複数の金融機関に口座を持っている場合、金融機関ごとに上限が決まります。

たとえば、A銀行に600万円、B銀行に720万円に預金があり、妻と長男が相続人の場合は、次の通り。

  1. A銀行 600万 × 1/3 × 1/2 = 100万円
  2. B銀行 720万 × 1/3 × 1/2 = 120万円

 

妻と長男はそれぞれ、A銀行から100万円、B銀行から120万円引き出すことができます。

銀行から引き出し

 

亡くなった方が、同じ金融機関に複数の口座を持っている場合でも、金融機関ごとに上限が決まります。

なので、A銀行の普通預金に600万円、A銀行の定期預金に1200万円の口座があり、妻と長男が相続人の場合は次の通り。

  • 1800万 × 1/3 × 1/2 = 300万円 (ただし、上限は150万円なので、150万円までしか引き出せません。)

 

制限なく払戻しできる場合

家庭裁判所に遺産分割の調停または審判を申し立てている場合、相続人の生活費の支出など、遺産である預貯金を使う必要がある場合は、相続人が申し立てることにより、家庭裁判所は、預貯金の全部または一部を相続人に仮に取得させることができます。

この場合は、家庭裁判所の審査が必要な代わりに、金額に法定の制限がありません。

家庭裁判所

 

遺産である預貯金を使う必要がある場合とは、たとえば次のような場合です。

  1. 1 借金を相続した場合、その借金の弁済
  2. 2 相続人の生活費を支出する必要があるとき
  3. 3 葬儀費用
  4. 4 相続税の納付
  5. 5 相続財産に関係する共益費用の支払い

 

実際の必要性の判断は、家庭裁判所が判断します。

ただし、他の相続人の利益を害するときは、仮払いできません。

つまり、仮払いしてしまうと、その後に行われる正式な遺産分割において、他の相続人が、取得するはずの財産が取得できなくなるような場合は、仮払いできません。

 

というわけで、今回は以上です。

読んでいただき、ありがとうございます。

 
相続したときの必要な手続きについては、こちらにまとめましたので、ぜひご覧ください。

相続手続きの流れ【相続したときにやらなければいけないこと】


相続法改正についてこちらにまとめましたので、こちらもぜひご覧ください。

相続法改正のポイントをまとめました